MESSAGE FROM PRESIDENT 社長からのメッセージ

萩島 宏 代表取締役

「正しい」意見が尊重され、ビジネスは進化する。

 アイアの柱は、アパレル事業とメディア事業です。主力ブランド「LOUNIE(ルーニィ)」が36年目を迎えたアパレル事業では、国内はもとより、中国を中心に海外150以上の店舗を展開しています。大手ブランドの多くが撤退を余儀なくされるなか、アイアが海外進出に成功したのは、強固な基盤があるからだと自負します。デザイン、素材、マーケティング、営業や販売体制など各分野の社員がそれぞれの個性を能力に変え、磨きながら仕事と向き合うと同時に、売上も確保しているので、能力は自信へと昇華します。そうなれば、ブランドの価値観や会社の方向性はブレることなく、堅調なビジネスを維持できるようになるのです。
 メディア事業では、モバイルコンテンツ事業が好調です。11年に自社で開設したSNSゲームサイト「I-SKY」の会員数は約40万人。アイドルの実写版ゲームというオリジナリティを活かし、ユーザーとのコミュニケーションを重視した、“ITとリアルとの融合”を実現させています。少数精鋭で企画・制作する中、新たなプロジェクトも進行中です。
 価値ある仕事を成し得るために必要なのは、「コミュニケーション能力」だと私は考えています。つまり、相手の気持ちを理解すること。仕事の多くはチームワークによって進められるので、仲間どうしのコミュニケーションは不可欠。それに、相手の気持ちを察することができる人は、社会の動向を感じ取る能力にも長けているような気がします。アパレル事業やメディア事業という世の中の動きに敏感であるべき仕事場で、あなたのコミュニケーション能力は存分に生かされるでしょう。さらに様々なことに興味を持ち、夢中になれる好奇心や向上心が備われば、成長をますます後押しするはずです。
 個性を能力に変えるために会社として注力しているのは、「正しい意見が通る」ための環境づくりです。日報制度もその一つ。社員全員が自分の意見や気づきをノートにまとめ私に伝えるもので、「正しい意見に耳を傾けたい」「可能性のある社員を発掘したい」という思いも込められた制度です。新入社員にとっては個性をアピールするチャンスであり、言葉による表現力を養う機会にもなっています。自分の意見が正しいかどうかは相手が決めることですから、「正しいかどうかはわからないけど、まずは言ってみよう」という姿勢が大切。あなたの意見は、あなたの個性です。その個性を、アイアでの仕事を通じて未来を創る能力へと高められることを願っています。

萩島 宏 代表取締役 アイア株式会社

はぎしま・ひろし/
慶應義塾大学法学部卒業。
野村證券株式会社入社。

1971年
萩島商事株式会社設立
(現アイア株式会社)、
同社代表取締役に就任、
現在に至る。